ブログトップ

Halu's LOHAS LIFE

haluloha.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

東京物語

デニーロ主演の「みんな元気」は心に残るいい映画だったけど、小津安二郎監督の「東京物語」のオマージュだったと知り興味を持ちました。


山田洋二監督が撮った、新しい「東京物語」
老夫婦が広島から東京に住んでいる3人の息子たちに会いに上京します。
それぞれの子どもたちのうちに泊まるつもりが、それぞれに忙しい子どもたちは
両親を歓迎しつつも、なかなか相手をしている時間をとれず・・・

普通の人たちの日常生活に、年老いた両親が訪ねてきただけのストーリーなのに
役者たちの卓越した演技の自然さにうならされ、そして、両親の子どもたちへの愛情に
涙がとまりませんでした。


母親のおおらかな愛情。心配の種であった、3番目の優しさ。
不器用な父親の大きな愛情。悲しい結末の後に訪れる、暖かい心の交流。

とにかく涙があふれる、いい映画でした。

橋爪功さんの演技がたまらなくよかった~。
[PR]
by halu-s | 2013-08-11 08:27 | えいが

風立ちぬ

主人の夏休み。

今年はゴルフ三昧で、私も仕事が忙しく二人で過ごせる休暇は2日だけ。

とりあえず「風立ちぬ」を見に行ってきました。

堀辰雄の「風立ちぬ」をベースに主人公がゼロ戦の設計者「堀越二郎」という
ストーリー。

戦争や関東大震災の醜い部分はすべて排除され、
あの時代をさらっと描いたファンタジー。

たくさんのことが織り込まれ過ぎて、なにをどう理解したらいいのか
混乱してしまいました。

結局、なにが描きたかったのか・・・

もう少し、「堀越二郎」は、殺戮の兵器を作りたいのではなく、美しく飛ぶ飛行機を
作りたかっただけなのに、あの時代は、パイロットもそして敵をも死に至らせる飛行機を
作らざるを得なかったという状況をていねいに描いてくれないと
違和感が残ってしまいます。

結核に侵された妻の命がつきようとしているのに、その手をにぎりながら
寝食を忘れて、その兵器を設計している堀越二郎。

もしゼロ戦が設計されなかったら・・・とつい考えてしまいます。

小説「風立ちぬ」の世界は素敵に再現されていて、涙はあふれてきましたよ。

あと、二郎の声は、ジブリ映画らしい、ひとりよがりだと、私は思いました。
[PR]
by halu-s | 2013-08-02 08:57 | えいが