ブログトップ

Halu's LOHAS LIFE

haluloha.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

京都へ夕涼み

せっかくのお休みだけど、「あつ~い!」

さて、どこに行こうか・・・

夕方貴船に夕涼みにでかけました。

貴船神社は意外に小さな神社でした。
赤い灯篭が続く階段を登って行ったところにあります。

a0219925_94947.jpg


川床で会席料理をふるまう料亭が連なっています。

a0219925_949422.jpg


ぽつぽつと灯りがともりはじめると、なんとも風情があります。

a0219925_10131166.jpg


流しそうめんが食べれるお店。料理の値段が1万円前後する川床で、唯一1200円でその場所で
食べられるからか、2時間待ちの札が・・・

a0219925_1014258.jpg


川床ではないけど、素敵なカフェで抹茶かき氷をいただきました。
とってもおいしかった~♪

a0219925_10155071.jpg


さて、涼しい貴船を後にして、天狗と牛若丸で有名な鞍馬寺へ。

常盤御前と牛若が登ったのかな~なんて遥か昔を思い描きながら
登る階段・・・

そして、じゃりみち。

かなり上ります。

結局由岐神社でリタイヤ。

見えてきたのは、すごいご神木。

a0219925_10143592.jpg


清少納言が「近うて遠きもの」として、この鞍馬寺への道を挙げているとのこと。
ケーブルカーも設置されているだけあって、徒歩で上がるのはそれなりの
覚悟と靴が必要です。

汗をかいたので、鞍馬温泉で一風呂浴びて・・・

a0219925_10145195.jpg


温泉から離れたところにあるのでちょっと不便だけど、北山杉をみながらの
露天風呂は、とってもリフレッシュできます。

夕食の様子へ続く・・・
[PR]
by halu-s | 2012-07-30 10:30 | おでかけ

Summer Vacation has just started!

今日から主人の夏休みがはじまったばかり。

初日の今日、主人はゴルフに出かける予定で、朝からはりきって
準備をしていたのに、「車のカギ知らない?」

あれ?

そこから、探すこと2時間!

主人はゴルフをあきらめて・・・

本当にごめんなさい!

スペアキーも見つからず、ほかに探す場所も見当たらないので
まあ、座って朝食でも食べようと思い、ひょいと
ダイニングテーブルのティッシュケースを持ち上げたら

ズシリ!

あった~~~~!!!

よかった~。

オリンピックの開会式もそこそこに
冷や汗ではじまった休暇です。

初日の夕食は主人が作ってくれた
美味しいカレーを食べました。

a0219925_2250247.jpg

[PR]
by halu-s | 2012-07-28 22:49 | だいありい

お茶の先生をおもてなし

高槻で人気の紅茶教室「サリー紅茶倶楽部」の先生に
遊びに来ていただきました。

実はホテルニューオータニ大阪に勤めていた時の先輩。

バンクーバーExpoのコンパニオンを経験されて、
かもしだす雰囲気がなんともセレブなお姉さま。

途切れることなくしゃべり続けること5時間!

アイスティの入れ方を教えて!という厚かましいリクエストにも
笑顔で親切に教えていただきました。

その美味しさにびっくり!

自分でできるかわからないけど、これからは毎日
美味しいアイスティが飲める^^うれしい~

a0219925_181144.jpg


a0219925_1822998.jpg


a0219925_183652.jpg


写真はないけど、メインはカニとトマトのクリームパスタ。
シーフードがお好きだったので、よかった!

OL時代のびっくり仰天エピソードもたくさん聞いて
あっという間に時間が過ぎました。

このところ、色々あってひきこもり状態でしたが、
久しぶりに楽しい一日でした。

Mも新しいアルバイトに笑顔ででかけていきました。
[PR]
by halu-s | 2012-07-27 18:07 | おもてなし

オリンピック身代金 奥田英朗

「オリンピック身代金」 奥田英朗

本格的ミステリーなんだけど、随所に奥田さんらしいユーモアが感じられる
読みごたえある一冊。

主人公島崎国男のキャラクターが際立っています。
東大大学院生で、女性にもてる男前。

恥部を隠し、表面を張りぼてでいつわり、末端の庶民に過酷なしわ寄せを
課して行われた、日本の威信をかけた東京オリンピック。

それに、反発し、国家を相手に戦いを挑み、オリンピックに身代金を要求する
連続爆発事件の犯人。

オリンピックを無事何事もなかったかのようにとりおこなうために
すべてをひた隠し、血眼で犯人を追う警察と公安。

最後はわりと簡単に予測できて、大どんでん返しはないんだけど、最後まで一気に読み進めたくなる
面白さ。(ま、ちょっと長いけど・・・)

昭和39年の日本の様子が、細かく再現されていて、それも興味深いです。

北京オリンピックも、そんな感じだったのかな・・・

国の威信をかけたお祭り。

さて、ロンドンオリンピックもどんなドラマが待ち受けているのか
楽しみでもあり、そのみせかけの華やかさの裏に潜む、開催国の貧富の差や
隠された問題などが、垣間見られるのかな~と思ったりしました。

マラソンコースの問題とかね。
[PR]
by halu-s | 2012-07-20 22:41 | ほん

ノエル

ちょっと季節はずれだけど、クリスマスの映画みました~

こんな暑い時だからこそ、ニューヨークの劇さむのクリスマスの映像で
ひんやり~

3つの近場で起きているストーリーが同時進行する
ニューヨークのクリスマスイブのお話。

結婚を目前に色々もめているカップル。
アルツハイマーのお母さんを10年も介護してさみしい休暇を
もてあましている40代独身女性。
14歳の時に母親の再婚相手に虐待されて入院した病院で、初めて経験した
クリスマスパーティが忘れられなくて、大人になって自ら腕を折って病院に来て
もう一度あのクリスマスパーティを体験したいという、さみしい男性。

3人それぞれに、素敵な運命のいたずらが巻き起こり
クリスマスイブがあけたクリスマスの訪れる奇跡。

ほろっと涙がほおを伝うエンディングは非常に心地いいです。

ペネロペ・ロペスがとってもキュート。

神様ってやっぱりいるのかな~と思う素敵な偶然ってありますよね。

いま、私の肩にかかっている苦しいこと。
それがあるから、色々ほかのことがうまく回って、総じてみると
幸せを導いてくれているのかも・・・なんて、機嫌がいい時は思えたりします。

おすすめしてくれてありがとう!
いい映画でした。
[PR]
by halu-s | 2012-07-18 23:49 | えいが

電化製品壊れる・・・

先日掃除機の先のブラシが壊れてしまい、部品を取り寄せようとしたら
9800円もしたので、新しいのを購入。

シャープのサイクロン式。

a0219925_0321510.jpg


軽いのを選んだので、ゴミをまめに捨てないといけないのが難点かな~と
思ったけど、捨てるのが簡単なので、掃除機かけるたびにゴミを捨てて
とても清潔。

かえっていいかも。

しばらくたって、あれ?

冷蔵庫が冷えてない!

やばい。この暑い時に~;;

体調が悪かったので、主人が急きょ買ってきてくれましたが
配送が間に合わなくて2日間冷蔵庫なしの生活・・・

冷凍庫が大丈夫だったので、保冷剤でなんとか2日間乗り切りました。

やっと来た、冷蔵庫はスリスリしたいほど、ありがたい。

a0219925_033711.jpg


ひじょ~に使い勝手がよくなっています。

家電の進化はすごい!

でもなあ~
とんだ緊急出費で、しばらくはビンボー生活。

立派な冷蔵庫に、しょぼい食材で、乗り切ろう~^^;
[PR]
by halu-s | 2012-07-18 00:32 | だいありい

肉を食べる!

二日間、のらりくらりを暮らしていた私に、やたら元気な主人が
「よし!でかけよう!」というので、「リハビリに、西武くらいなら・・・」と
重い腰をあげました。

うわ!憧れのブランドがこんなに値段下がってる!

でも、今一つ活気のないバーゲンセールですねえ。

で、主人が「肉食え!肉!」というので
本当は冷麺が食べたかったんだけど、
焼肉セットを食べました。

黒毛和牛一頭買い焼肉の店『香櫨苑(こうろえん)』
 

a0219925_2254717.jpg


おいしかった~!

やっぱ、夏は食べてスタミナつけないとね。

明日からまた、元気に頑張らねば!
[PR]
by halu-s | 2012-07-16 22:55 | れすとらん

角田光代週間

せっかくのいいお天気の3連休だったけど・・・

体調悪く、だらだら本を読んで過ごしました。

角田光代週間と称して・・・

読んだこの3冊。

「空中庭園」「対岸の彼女」「まひるの散歩」

「空中庭園」は婦人公論文芸賞受賞作品。

a0219925_019387.jpg


「なにごとも包み隠さず」がモットーの京橋家の一人一人の
目線で書いた短編が6つで構成されています。

一人一人が秘密を持っていて・・・

家族ってなんだろうって、思い知らされます。

もともとの家族の始まりが、母親の絵里子の秘密から
はじまっているので、
それぞれの秘密がつながっていて、構成のうまさに
ため息がでます。

「対岸の彼女」は直木賞受賞作。

a0219925_020158.jpg


公園ジプシーになってしまった主婦になった主人公が
子どもを保育園に預けて働きに行こうと思い立ち、
そこでであったベンチャー企業の女社長との友情
がめばえ・・・

子どもを抱えて働くという現実。

夫の無理解、子どもがいなくて働く女性との亀裂。

さまざまなことを考えさせられる、素晴らしい作品でした。

特に、その女社長が高校生だったころ、夏休みに親友と住み込みのアルバイトをして、
アルバイトが終わっても帰りたくなくて、ラブホテルを泊まり歩いて
結局社会的な事件になってしまい、そのお友達とは離れ離れに
なってしまったという事件の描写。

秀逸でした。

「まひるの散歩」は、オレンジパページに掲載されたエッセイをまとめたもの。

すぐに読めるし、面白い!

視点がやっぱりちょっと違うんだね。

いや~角田光代はすごい!
[PR]
by halu-s | 2012-07-16 00:18 | ほん

テーブルコーディネートのレッスン 2

7月のprimrose先生のレッスンは・・・

さわやか~

a0219925_1914322.jpg


夏の旅行のプランを練る女子会のイメージ。

そんなことしてみた~い!

a0219925_19185166.jpg


おしゃべりしながら、パパパっと作ってくださったお料理は
とっても美味しく、作り方を聞いてびっくり!

早速、鶏ハムを仕込みました♪

たくさんのテーブル例を教えていただき、とってもお得なレッスンです。

あ~至福のひと時でした。

primrose先生、ありがとうございました。
[PR]
by halu-s | 2012-07-13 19:21 | ならいごと

紙の月 角田光代

「紙の月」  角田光代

契約社員として銀行に勤める41歳の美人が、1億円を横領してタイに逃亡するお話です。

帯に「彼女は、はたして逃げ切れるのか?」
なんて書いてあるので、スリリングな逃亡劇なのかしらと思ったけど、
内容は、ごく普通の、むしろ地味目な生活をしていた専業主婦が
ひょんなことから、顧客の孫である大学生と出会い、自ら貢いでいく
過程が丁寧につづられています。

彼女の周辺にいる人が抱いていた、彼女への印象も交えながら。

そして、冷めきった夫婦生活。

随分前にあった「伊藤素子」の横領事件がベースにあるのかしら。

だんだん金銭感覚が麻痺していく様子はとてつもなく怖いです。

「もう、やめて~」と思いながら、先が知りたくて夢中で読みました。

しかし、こんな横領が簡単にできちゃう銀行って、どうなってるんだろう。

1億あったら・・・

何に使うのかな~。

もちろんまず、家のローンを返して、海外旅行にいって、
エステやネイルやマッサージに通って、ブランドのカバンや服を
買いまくって・・・

あっという間になくなりそう。

主人公の梨花の金の使いっぷりは、結構気持ちよかったけど
どんどん手を染めていくあたりは、読むのが苦しかったです。

お金って本当に怖いなあ~ってつくづく思いました。

別のスーパーで198円で買えるものが、270円で売ってたら
絶対に買わないせこい私だけど、額が大きくなるとわけわからなく
なるときがあって、危険だわ。

でも、若い男に貢ぐってことはありえないから、大丈夫か。

あっ、そういえば、最近ありえないお金をどぶに捨てたわ。

若い男のために・・・(息子)

^^;
[PR]
by halu-s | 2012-07-12 22:07 | ほん