ブログトップ

Halu's LOHAS LIFE

haluloha.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ライブハウス ラズベリー

高校で軽音楽部に入ってベースをやっているという
姪ちゃん。

ライブハウスに誘ってもらって、母&3姉妹(姪からしたら、ママとおばさん二人)で
行ってきました。

高校生向けのライブハウスなので、長男に、「おばさんがいたら浮くで」と
警告されていたのですが・・・

おばさん3人と、おばあちゃんなら、何があっても怖くないぞ!

しか~し!!!

何十年ぶりかのライブハウス。

しかも、かなり狭い。

耳をつんざく騒音に、10分もたたないうちに、ギブアップ。

「母と喫茶店で待ってるから、姪ちゃんの出番がきたら電話して」
と、ママである妹に言い残して脱出成功。

姪ちゃんのバンド演奏は、女の子ばっか6人で、
かわいかった~

おばさんは、姪ちゃんがベースひいてるってだけで、ウルウル感動しておりました。

姪が終われば、即帰路に。

久しぶりに、三姉妹+母の4人で、
祝杯だ~♪

楽しかった~
[PR]
by halu-s | 2012-01-30 22:31 | えんため

ブロードウェイミュージカル ボニー&クライド

劇団四季で「マンマ・ミーア」「アイーダ」「ウィキッド」などに出演し
圧倒的歌唱力と細やかな演技で観客を魅了してきた
濱田めぐみさんの退団後復帰第一作。

「ボニー&クライド」


相手役はホリプロの田代万里生(たしろまりお)

映画「俺たちに明日はない」を原作にしてたブロードウェイミュージカルで
車がでてきたり、舞台美術、照明の使い方が斬新で、最高の舞台の上に
濱田さんのすばらしい歌声が冴えわたります。

まあ、実年齢でいえば、お母さん役くらいの濱田さんが
かわいい娘を演じるのはちょっと無理がないわけではなかったけど
そこは、演技でカバー。
かわいい濱田さんが見られました。

お相手は、元気いっぱいかわいいイケメン田代万里生くん。
素敵な歌声と、劇団四季にはない、ジャニーズ的なかっこよさで
舞台を所せましと走り回ってました。

実在の銀行強盗のボニー&クライド。

アメリカのミュージカルにしては、悲劇的なエンディングですが、
なぜか、悲劇とは思えない。

生きながら死んでいるより、過去の足跡を未来に残して死にたい!

世界恐慌、アルカポネが暗躍する、殺伐とした時代に
夢を追いかけて、危険な青春をまっとうした若者の恋愛物語。

その中にも、家族愛や、勧善懲悪的なセリフも織り込まれて
います。

特に、母親が愛して育てた娘が、銀行強盗になって
警察に追われ、どこでどうまちがえたのかを自問する歌には
涙がこぼれました。

理解しがたい刹那的な喜びのために暴走してしまう若者と
それを諭し、止めようとしても、無力な大人たち。

ジェットコースターのような舞台でした。
[PR]
by halu-s | 2012-01-29 12:36 | えんため

ちょっとだけ春

月二回届く、ワンコインフラワー

今週は・・・きいろ!

a0219925_15322743.jpg


みぞれまじりの寒い一日でしたが、
ここだけは、春の色。

ボケ防止のために、先週から毎日30分の歩くことをはじめました。

各お庭のお花をめでながら、せっせと歩いてお買いもの。

梅のつぼみもほころんで、春は着実に近づいてますね。

次男の幼なじみに遭遇。

昔ながらの人なつっこい笑顔。

柔道整体師の専門学校に進路は決まっているらしい。

がんばってね。

3月にもなれば、みんなそれぞれの進路が決まっていくのでしょう。

さあて。人と違う道を選んだ次男は、どうするんだろうな~

本来ならば、高校卒業。

目的地まで車でびゅんっていう人生を歩んできた私には、
考えられないことばかりだったけど、
寄り道しながら歩くのもまた、いろんな発見があって楽しい。

いっぱい寄り道しても、いつか「いい男」になってくれたら、
よいな~

何回でも、春は来るしね。
[PR]
by halu-s | 2012-01-27 15:48 | ふらわー

インターネットと携帯

月二回の英会話サークル「Open Mike」

今回のテーマは「インターネットと携帯」

改めてインターネットと携帯なくして、どうやって生きていたのだろう・・・というくらい
依存している自分の生活を考える機会となりました。

まず、朝一通り家事が終わると、PCに向かい、
夜、仕事が終わって、主人を迎えに行ってご飯の支度をして
一通り会話が終わると、寝るまでPCに向かう毎日。

仕事はもちろん、ショッピング、本、DVD,調べもの、銀行振り込み、テニスコートの予約
ネットサーフィン、食べログ・・・

便利な時代になりました。

でも、確実にアホになっている気がします。

漢字が本当に書けなくなってしまいました。

英語のスペルもあやしい・・・(勝手に修正してくれるから)

それに、ブログやfacebookやメールでのやりとりで満足して
実際のコミュニケーション能力が衰えているような気が。

これって、とってもやばいかも。

一日誰とも話さなくても
たいしてさみしさを感じずに、過ごせるけど、
ふと、それに気が付いたとき、自分はひどく、さみしい人間のような気がして。

便利さの奥に潜む、
巨大な落とし穴に気が付かず、人間はとんでもない方向に
向かっているような・・・

少し立ち止まって、自分のインターネットへの依存を反省する
機会になりました。

とはいえ、一度得た便利さはなかなか手放せないもの。

せめて、主人が帰ってきてから寝るまでは、
PCの電源を切って、二人の時間を大切にするとかね。

手紙を書いてみるとか。

工夫して人間らしさをとりもどしたいと思います。
[PR]
by halu-s | 2012-01-26 11:21 | おうぷんまいく

楽しみな錦織圭くん♪

1時からNHKで全豪オープンの錦織圭VSアンディ・マレーの試合があるというので
大急ぎで帰って観戦。

a0219925_23524813.jpg


3時からレッスンなので、全部は見られなかったけど、
日本人がセンターコートで、世界ランキング4位のマレー相手に
互角にやってるっていうのが、なんだか感慨深くて・・・・

最近テニスの試合なんて、あんまり見てなくて、
錦織もエアKで話題になったころは、荒くてフォームもなんだかなあ~って
感じで好きなテニスじゃなかったけど、
今日久しぶりに彼のテニスを見て、感動してしまった。

もちろん、日本人だから錦織くんを応援していたけど、
対戦相手のアンディちゃん。

私のタイプだわあ。

ちょっと地味だけど、テニスも、私好み。

冷静で緻密で、ここって時に粘って確実にとる。
ぎりぎりのところで追いついたって時も、相手のいや~なところに
びゅんって返す。

まあ、何回もチャレンジを出しちゃって、ちょっと神経質っぽいんだけどね。

それに比べて錦織くんは、すごい時はすばらしいんだけど、
そのあとにしょ~もないミスをしたり、ここぞというところで決まらない。

完全にフォルトなのを、インってコールされちゃってるのに、
チャレンジ使わなかったり。

似たテニスだったんだけど、性格は対照的だったわ。

結構せっていたので、ストレート負けというスコアよりは、面白い試合だったんだけど、
やっぱ、相手は一枚上手でした。

それにしても、圭君が活躍して、テニスがまた人気復活するのが楽しみなような、
テニスコートがとりにくくなると困るような・・・
[PR]
by halu-s | 2012-01-25 18:50 | すぽーつ

レクチャーオペラ「ドン・ジョバンニ」

高槻現代劇場で「レクチャーオペラ ドン・ジョバンニ」のチケットを
もらったので、お友達と二人で観てきました。

オペラは値段も敷居も高くて、二の足を踏んでいたけど
見てみたいという気持ちはいつもあったので、
「レクチャー」されながら、見られるのは初心者にはありがたい企画です。


「レクチャー」をしてくださったのは、大阪音楽大学 学長・理事長である
中村孝義先生。

まあ、結論から言えば、「レクチャー」なしでも、十分楽しめたし
むしろ、レクチャーはもっと、個人の解釈の入らないものにしてほしかったです。

イタリア語で歌われるけど、すべて字幕がついているし、
こんな演目に来る観客はみんなオペラ初心者に決まっているんだから
観客が素直にオペラに入っていけるようなレクチャー内容にしてほしかった。

モーツアルトの死生観やら、人間の真実を活写するモーツアルトだの、女性観などを
熱く語っておられましたが、必要かしら。

ちょっと女性蔑視のような発言もあり、ちょっとムカッときました。


それに、この物語は劇作家ポンテによるもので、モーツアルトは音楽を作った
だけなのだから、「モーツアルトが渾身の力を込めた描いた人間群像」とか
言われても、なんかピンとこないし、余計な知識がはいると
純粋にオペラに入っていけないという悲しさが・・

ただ、割愛されまくってますが、オペラの楽しさは十分味わうことができました。
すばらしいオペラ歌手のみなさんに感謝です。

これで、敷居の高さは克服・・・

あとは、値段の高さを乗り越えられれば、オペラは十分楽しめることがわかりました。

さっそく、図書館で「ドン・ジョバンニ」のCDを予約。

そして、映画「ドン・ジョバンニ」をツタヤで予約。

自力でお勉強しま~す!
[PR]
by halu-s | 2012-01-22 21:38 | えんため

2012年冬クールのドラマ

最近DVDにドラマを録画をして、
お昼ご飯を食べるときにせっせと見ています。

みなさんは、この冬はどのドラマを見ますか?

最新の視聴率ランキングは

18.4|相棒
17.8|平清盛
16.9|ストロベリーナイト
16.3|ラッキーセブン
15.3|ハングリー!

14.2|ダーティ・ママ!
13.9|理想の息子
13.0|運命の人
12.8|最後から二番目の恋
11.0|最高の人生の終り方~エンディングプランナー~
10.8|聖なる怪物たち

って、感じだそうです。

私のチョイスは・・・

「ストロベリーナイト」と「ハングリー!」「運命の人」「最高の人生の終わり方」

ですかね。

「ストロベリーナイト」は西島秀俊が、「ハングリー!」は向井理が、「最高の人生の終わり方」
は山ピーがかっこいいから。
ただ、それだけの理由です。

ドラマとして見ごたえあるのは「運命の人」くらいですか。

気になるのは、「最後から二番目の恋」

「毎日かあさん」以来、小泉今日子が気になっています。
へったくそだった演技に味がでてきた。

先日、向井くんと小泉今日子が「食わず嫌い対決」に出てました。
向井君がただの若造に感じられるほど、
小泉今日子の存在感が際立ってました。

あんないい感じに年とれたら、かっこいいなあ~

松田聖子みたいに、年不相応にきれいでないところが
自然体で素敵なのかしら。
[PR]
by halu-s | 2012-01-21 23:03 | てれび

阪急電車~片道15分の奇跡~

今頃ですが・・・

阪急電車~片道15分の奇跡~見ました。

いいなあ・・・

こういう映画を主人とリビングのソファで並んでみるの。

「ははは・・・」って、笑えて。

なんか幸せな気分になります。

しかも、なじみ深い阪急電車。

関学に通った人にはたまらないでしょうね。

今津線はたったの15分。

そこに行きかう人々。なんのつながりもないけど
なんだかつながっている。

すごくドラマチックなことでもなく、生きていけないほどのこともないけど
人はそれぞれ悩みをかかえて、平然と生きている。

それが、ちょっとの出来事の積み重ねでハッピーエンドの
終着駅に向かっていくってのが、なんだかほのぼのいいいですね~

役者がまた、豪華。

そして、宮本信子がうまい!

私は今津線ではなかったけど、阪急電車神戸線で大学に通ってたもんで
最後の桜と阪急電車の映像に、きゅんとなりました。

この映画のアクセントのようにでてくる、迷惑なおばちゃんグループ。

自分のことのようで、反省。

主人が「いるよなあ~こういうおばさんたち」

はい。あなたのお隣に・・・
[PR]
by halu-s | 2012-01-21 00:39 | えいが

センター入試と芥川賞

お友達のまねをして、センター英語解いてみました。

第4問のグラフがでてくる問題は、生理的に受け付けないわ・・・

80分も時間とれないんで、60分くらいで、さっさと解いたら
うっかりミスで4問も間違えた!

反省・・・

去年より簡単だった気がしてたのになあ。
来年はきちんと時間計って取り組もおっと。

それよりも、現代国語!
去年長男がまさかの91点というハイスコアをたたき出したので
きっと簡単なんだ~と思ってやってみたら、
78点だった・・・

負けた。

さすがに、小説と漢字は間違えなかったけど、
なに~あの評論文。

木村敏「境界としての自己」
って、タイトルからして意味不明。

全然頭に入ってこないし、選択肢の文章もすご~く似ていて
紛らわしい。

調べてみると精神科医の京大名誉教授らしい。

その「境界」かあ。

読み進めていけばいくほど「なんじゃこりゃ~」という気持ちで
頭がいっぱいになって、撃沈。

古文と漢文にいたっては、国文科卒を名乗れなくなるほど
ぼろぼろ。

しかし、こんなものを7教科も詰め込み、しかも2次試験の対策も
しなければならない受験生諸君にはほんと、頭が下がります。

ところで、芥川賞と直木賞が発表になりましたね。
芥川賞は全然面白くないので読まないけど、直木賞は読もうと思って
図書館に予約いれたら、すでに54番目でした。

さすが!

それにしても、東京都知事が芥川賞の選者を辞退するにあたって
なんか吠えてましたが、23歳で芥川賞作家かあ。
作品読んでないので批判できないけど、なんか腹立つ。

心斎橋大学では悪文の例として、彼の文章が上がってましたが、
全くもって「意味不明」でした。

ちなみに、センター現国の小説は井伏鱒二の「玉虫をみる」でしたが、
久しぶりに読んだ文学作品の美しさに、うっとりしました。

梶井基次郎の「檸檬」的な感動がありました。
[PR]
by halu-s | 2012-01-18 23:03 | おもうこと

テニス初うち

今日は、毎週月曜日にやってるテニスの初うちでした。

やっぱ、テニスは楽しいな♪

今朝「あさいち!」でボケ防止には週3回、30分のジョギングがいいと聞き、
みんなその話題でもちきりでした。

だって、しょっちゅう「スコアなんだっけ?」でだれもわかんなくて
「サーティフォーティくらい?」なあんて調子の私たちですもの。

10時から集まって、ひとしきりしゃべって、始めるのはいつも15分くらいから・・・

そんな、お気楽テニスだから、なが~く続いているのかも。

年末の忘年会もちょ~盛り上がりました。

いつまでも、お笑いテニス、続けていきたいわ。
[PR]
by halu-s | 2012-01-16 23:14 | だいありい